新たなママ友交流【前編】子どもの無茶ぶりから始まったLINE交換

ファーストビュー用アドセンス




前回このような前置きを書きましたが→

本題です聞いて下さい。

秋の連休目前の日

上の子が

ケータイ番号の書いたメモを持って帰ってきました。

「これ、Aちゃんのお母さんの番号。登録して6時に電話かけて。」

突然です。

Aちゃんは同じクラスで仲良くしている子で

Aちゃん自身はケータイを持っていません。

いつも放課後に遊んでいるのですが

そんな短時間では満足できず

休日にゆっくり遊びたいとなったそうですが

お互い休日の予定がわからないので

親同士で話し合って決めてくれ。

となったそうです。

Aちゃんママの話は前から聞いていて

娘のことを家族みたいに思っている

とか

家族ぐるみで交流したい

という

娘のことをすごく可愛がってくれてる上に

社交的な話ばかりを聞いていましたが

私が直接話したことがあるのは

たった一度だけ。

お互いに親子で電車を待っている時にバッタリ会い

そこで「はじめまして~いつもお世話になってますー」

とあいさつして、電車が来るまで少し会話をしたんです。

娘から聞いていた通り、確かに社交的な雰囲気でした。

会って3分で担任の悪口言い出して止まらなくなってたけどな。

そんな強烈な初対面でしたが

Aちゃんは活発な子で良い印象を持っていたし

今更ママ友交流もないだろうと

私はゆるく考えていたのですが

ここに来て突然の連絡先交換!

しかも30分後にはこちらから電話かけろと(笑)

無茶ぶりすぎる。

娘は

  • どちらかの家で朝から夕方まで遊ぶ
  • 2人でどこかに出かけたい
  • 家族ぐるみでご飯を食べに行く
  • 家族ぐるみで出かける

というのが希望で

親も一緒にというのは

Aちゃんママもノリノリだというのです。

なので親同士で決めてくれと。。。

何話せばええねん(-_-)

リミットまで30分くらいしかなくて

すごく焦りました。

相手は私の番号を知らない訳ですから

時間通りに連絡しないといけません。

めっちゃドキドキしました。

私:わたくし○○の母で○○と申します。こちらは〇〇さんのケータイでお間違いないでしょうか?

Aママ:はい!〇〇と申します!いつも娘がお世話になってます!

固い固い固い~!

いや私も文面だけ見たら固いねんけども。

口調、声色が

ものすごくビジネスライクな印象でした。

てか、一度話したことあるのにここまで固くならんでも…

それ以前に

私が電話番号もらって6時に連絡するって話

Aちゃんからちゃんと聞いてますよね????(震え

と思えるような対応でした。

で。

ここで私は対面した時のことを思い出しました。

担任のことを愚痴ってた時に、Aちゃんママ

「あいつ~(担任のこと)あたしより年下のくせに!

って言ったんです。

その担任はもしかしたら本当に

見下した言い方をしたのかもしれません。

でもそこ

年関係ある?

と私は思ったんです。

目上だからとか若いからとかでなくて

対応時の配慮っていう

人格の問題だと思うんです。

年齢だけで上下関係を言われると

もう、どうしようもないですから。

初めての電話の受け応え、そして

担任に対しての発言を思い出し

私は瞬時に

Aちゃんママの性格を想定しました。

  • 上下関係を気にする
  • 電話は業務連絡で手短を好む
  • 優柔不断で相手任せの対応は嫌い

なので、私が連絡をした経緯を簡潔に話し

お互いの空いている日を丁寧な口調で確かめ合いました。

で。

その日どうする?

っていうね。

話している限り

親子で親睦を深めたそうな雰囲気は

一切ありませんでした。

なのでこちらからその提案はしませんし

かといって

親子交流は完全拒否という空気も出せません。

私は

「Aちゃんはどうしたいって言ってますか?」

と無難なことを聞いてみると

今塾に行ってていない。

とのこと。

話にならんやん(笑)

なので

本人のいないところで

ウダウダ言っても無駄なので

取りあえず電話は1回切ることにしました。

で。

電話を切る時に

予定の相談をするのには不便な状況なので

LINEの交換をすることになったのです。

続きます

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

300×250アドセンス