コロナショック!相次ぐ物資不足に惑わされないためには

ファーストビュー用アドセンス




コロナウイルスの感染者が増え続け、世界レベルで深刻な状況に陥っていますね。

先週日本でも「紙製品が不足する」というデマから、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどが店頭から姿を消す事態にまで至りました。

みなさんちょっと落ち着いて下さい

混乱しすぎです。

マスク不足はいつ解消される?国内の需要を満たせる時期と今後の見通し

私の記憶の中で、同じようにマスク不足に陥った時期がありました。

2009年の新型インフルエンザの流行時期ですね。

当時の私はマスクを求めてドラッグストアをはしごしたこともありませんし、

今回のコロナウイルスでも

ドラッグストアに50枚800円で販売していたマスクを手に取ることもしませんでした。

我が家ではいつどんな時もワンシーズン過ごせる程度の数を備えていたからです。

(我が家では50枚800円は高いですw)

2009年の新型インフルエンザの時はマスク不足は約2ヶ月ほどで解消されたそうです。

ですがそれと同時期に新型インフルエンザの勢いも衰えたのだとか。

コロナウイルスはまだワクチンも開発されておらず

終息の目処もたっていないため、2009年よりもはるかに深刻な状況といえます。

今回のマスク不足はいつ解消されるでしょうか。

日本国内で販売されていたマスクは大半が中国産です。

先日、中国からのマスク輸入を再開との報道が出ましたが

中国自体もまだまだマスクが不足しています。

果たして誰しもがマスクを買い求められる日常に戻るかといえば

私はまだまだ時間がかかるのではないかと思います。

マスクが入荷された時

まずは医療現場への供給が優先されると予想します。

それから救急隊員のいる消防から、警察、政府、そして感染者の多い地域…

それらに回ってから店頭に入荷されたとして、

それでもしばらくは誰でも気軽に買い求めることは難しいと思います。

今回のマスク不足で不安が高まり、

個人個人がマスクを確保することに躍起になっているからです。

また、転売ヤーの買い占めも尋常じゃありません。

冷静に考えて下さい。

マスクを買い求める為に長蛇の列に長時間並んだり、

人混みにもまれるといった状況は感染リスクが高まると思いませんか。

本末転倒ではないでしょうか。

マスクがなくても布マスクを制作する、電車に乗る時にはタオルなどで口を覆うなど、

いくらでも対策はあります。

マスクを手にした安堵からの気のゆるみ、

感染予防でマスクを信頼しすぎている気持ちが

何よりも危険な状況だと思います。

今、私たちにできることは

  • 人との接触を極力避ける
  • 手洗いを徹底する
  • 体をゆっくり休め、十分な栄養を摂る
  • マスクの代用になるアイデアを生み出す
  • 日頃の習慣やクセに気を付け、感染しないように注意する

これだけでもマスク着用以上の効果が期待できると思います。

最後に書いている習慣やクセというのですが、ここ最近、くしゃみや咳をする時には手のひらで口を覆うのではなく、

腕で口を塞いで…という話が良くでてきますよね。

その他にも、意外と人が口元を触る習慣って多いと思うんです。

例えば【あくび】をするとき。手のひらで口元を覆いませんか

。このささいな行動ですら感染の危険性があるわけです。

それ以外に鼻をかむたびに手を洗うなど、

普段の何気ない習慣に工夫を加えるよう

もう一度振り返ってみるとできることは沢山見えてきます。

そういった面でいうとマスクにも予防効果があり

WHOが発表している「過度なマスク予防は~」という発言は残念ながら響いて来ないんですよね。

今回のマスク不足により

マスクの再入荷が始まってもしばらくは入手するのが大変な状況が続くと思います。

マスクを手に入れるのを苦労してきた人々が、二度とこのような状況に遭わないためにこのタイミングでマスクの備蓄をするからです。

現在、感染症の不安だけではなく

花粉症による症状でマスクがなくて困っている方も沢山いらっしゃいます。

どうかその方たちに一刻も早くマスクが届くよう、願うばかりです。

トレぺ不足!デマだと分かっていながら買い占める心理とは

マスクに続き、トイレットペーパーやティッシュペーパー、キッチンぺーパーからオムツや生理用品まで品薄の状況になっています。

発端は「マスクとトレぺなどの原材料が同じだから入荷がなくなる」というデマが流れたことがはじまりなのですが

ここ数日でトレぺなどを買い求めた方って、ほとんどの方がデマを承知で購入されているのだと思います。

なぜトレぺなどの完売が相次いだのか。それは

  • デマが流れたことにより転売ヤーの買い占めによって入手困難になることを予想した
  • マスク不足の状況がトラウマになっている
  • 災害などで物資不足を経験してきたので、万が一を考えて
  • 外出を極力控えるために買いだめした
  • 今後の感染拡大によって、生産や販売店の営業時間の短縮で思うように買えない時期が来るかもしれないという不安
  • 買い物客が揃いも揃ってトレぺの購入に走っている様子を見て

などの理由から来るのだと思います。

取り扱い店舗のスタッフは次から次へと、たまったもんじゃないですよね。

デマだと分かっていても、ちゃんと入荷されるという話を聞いても

トレぺの買い占めはおさまりません。

ガランとした陳列棚を目の当たりにしてしまった人の不安は簡単には解消されません。

先日政府が発表した「来週あたりからマスク不足は解消される」という発言が

今なお解消されていないのですから。

フリマアプリで泣く泣く高額取引する羽目になるくらいなら

どうせ使うであろう消耗品を多めにまとめ買いしている方が良いという感情は自然なことだと思います。

ですが家族で分担して

4パックも5パックも買い占められている方

一体なに考えてるんですか

どんだけ踊らされているんですか。

あくまで私の考えですが、体が不自由であったり子どもがまだ小さいから気軽に買い物に行けない方であれば分かりますが

健康に外に出歩ける方でしたら1ヶ月分程度の備蓄で十分だと思います。

1ヶ月分を使い切ってその間まだ入手困難な状況であれば

それはとてもとても深刻な状況ですので困っている方はおそらくあなただけではありません

自分さえ困らなかったらそれで良いのでしょうか。

そこまでの状況に陥っているのであれば

1ヶ月という期間があれば打開策が必ず出てきます。

残りが減り始めると、少しでも長持ちさせるために大切に使いますよね。

下着が汚れてしまったら自分で洗えばいいだけのことです。

鼻がかみたいのであれば手で鼻をかんでしっかり手洗いしてください

日常生活が少し原始的になり、エコ活動が盛んになるだけです。

トレぺを買い求めた方の中に、こんなコメントをしている方がいました。

「震災を経験してきて物資不足の辛さを経験してきた。

だからその大変さを二度と味わいたくない」

のであれば。

どうして備蓄のタイミングがなんですか。

経験者であればなおさら普段から非常事態のための備えをされているんじゃないですかね。

経験が全く生かされていないように思います。

「次に不足するのは…」予想から生まれた行動が結果的に的中するシステム

紙製品不足とほぼ同時に、米に始まりカップラーメンや缶詰といった保存食まで

スーパーの陳列棚から姿を消しています。

これは先ほどのトレぺなどと同様、感染拡大に伴いお店が休業する可能性の不安や、なるべく外出を控えようという考えからの買いだめだと思います。

なるべく出歩かない備えはとても重要だと思います。

ですがマスクや紙製品に続き

外出を控えるために大混雑のスーパーに突入するのはいかがなものかと思うのです。

そして先手を打とうと「次に不足するものは…なくなると困るものは…」と予想をたて

買いまわる連鎖が起こっているのでしょうね。

もっとお金を大事に使いましょう。

おわりに

我が家は毎週末に1週間分の食料を購入し、平日に1日少し買い足すという買い物スタイルなのですが

トレぺ騒動を聞いて、いつも行くスーパーは混雑しているだろうと予想してこじんまりとしたスーパーに買い物に行きました。

紙製品の棚はやはりガランとしていましたが、レジで並んだのは1人だけでした(笑)

ちょっと笑ってしまったのがなぜか

アルコール飲料の棚もすっからかんだったことです。

危機感ないやないかいと思ってしまいました。

私はもちろんコロナウイルスの感染が怖いです。

インフルエンザや風邪を引くのも勘弁です。

ですがマスク不足やトレぺなどの紙製品、食品に至っての品薄状態を目の当たりにしても常に心は落ち着いていました。

なぜかというと、非常事態の備えは普段から万全だからです。

何気ない日常で私を見れば、

心配性では?と思う方も多数いらっしゃると思います。

でもなにが起こるか予測できないからこそ、震災を経験してきたからこそ

その教訓を生かしてきた結果なんです。

今回、震災などの教訓が全く生かされていない世間に、

少しイライラしてしまいました。

我が家の非常事態の備えは、こちらに詳しく書いています→

長蛇の列にどうせ並ぶのであれば。

物資確保の為にお店を買いまわるのなら。

まだストックが十分なうちから奔走するよりも

自宅の在庫が完全になくなった時の最終手段にしませんか。

【コロナかも!?】熱が出たらどこに相談?どうしたらいいの

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

300×250アドセンス